◆予 定◆

  • ◆ハンドボール
    ○10月 府中練習会
  • ▲山行予定
    △週1回ジムPump-1,AKB-Pump
    △9月15日 沢:ニシゼン
    -----------------------

■過去の山行記録

最近のトラックバック

2011年7月18日 (月)

【音楽】おやじバンド・ライブ

昨日は、十条の「カフェスペース101」で、おやじバンドのライブをやった。
Drums

ドラムが3人いるので、それぞれ5曲程度づつ3部構成でのライブ

曲は懐かしのロック
・ドゥービーブラザーズ
・C.C.R
・ボストン
・ビートルズ
・ローリング・ストーンズ
・クリーム
・イーグルス
等々

お客さんは満員で、それぞれ楽しんでいただけたようだ。
次があるのかなぁ・・w

2009年3月15日 (日)

歌:アリヤ ミハル

PUMP1(クライミング・ジム)の帰り、十条のJAZZ BAR E-100に立ち寄る。

そこで流れていた日本人女性ボーカルの歌が気になって仕方がない。
マスターに「誰?」って聞くと、ミハルのことをいろいろと教えてくれた。
とにかく聞き惚れてしまうほど歌がうまい。

思わず名曲をカバーしたアルバムを購入する。

1人で飲みながら・・最高だ。

実は日曜の真っ昼間から、ワインを飲みながらアルバムを聴いているとこ。w

First_album

2008年1月13日 (日)

初ジム@T-WALL東村山店

昨日はT-WALL東村山店へ
平山ユージさんも練習してました。

080112_184501久しぶりなので、どれくらい登れなくなってるか楽しみにしていったが(笑)5.11aの課題で前回までまったく繋がらなかったムーブを繋ぐことが出来たりと、それなりに成果があった。

今年も週に1回はホールドに触りたい。
頑張って11台を楽に登れるようになろう!

2005年2月13日 (日)

【感想】運命を分けたザイル

テントを秀山荘@池袋に修理に出したあと、新宿高島屋へ

4時20分からの上映チケットを買ったが、満席状態だった。好きなところに座れるんだけど、俺の両サイドは席が空けられていた。危ない人に見えたんだろうか・・ちょっと複雑・・(笑)

◆感想
最初の登攀シーンは高度感もあり、なかなかのもの。実際に山をやってる人は、自分のつらい経験を思い出してドキドキしたんじゃないだろうか。

が、この映画の見所は登攀シーンではないと思う。
ロープを切られてクレパスに転落した人が、何を考え、どうやって生還したのか。
奇跡に近い生還劇だけど、事実は意外と淡々としていたのではないだろうか。身近な目標を定めて少しずつ前進する・・出来そうで出来ないよ。

また、ロープを切った人の思いも複雑だ。
帰国後、ひどいバッシングをうけたらしいが、他にどんな選択肢があったんだろうか。

安全に登るためにロープをつなぐが、時として2人とも危険な状況に陥ることがある。尾根歩きなどで相棒が滑落した場合、一緒に引き込まれてしまう。そう簡単に人の体重を支えることはできないものだ。アンザイレン(ロープでつなぐ。)を嫌がる山屋さんもいるくらいだ。

空中にぶら下がってしまった相棒が、なんとか上に戻ろうとプルージック(結び方)を試みるが、シュリンゲ(短いロープ)を落としてしまう。この瞬間、”しっぷ”だったらもう終わりだと諦めているだろう。

「運命を分けたザイル」単なる山岳映画ではなかった。
人の強さと弱さを一度に、究極的に見ることが出来る重い映画だった。

2005年1月10日 (月)

運命を分けたザイル【山岳映画】

近々、山岳映画が上映されるらしい。
Mt6400ms















「運命を分けたザイル」
※大ベストセラーを記録したノンフィクション文学「死のクレパス・アンデス氷壁の遭難。」を映画化したもの。

前評判では、非常にリアルに登山の様子が再現されているそうだ。(撮影の大部分は実際の事故現場、アンデス山中で行われた。)まだ上映時期ははっきりしてないようだが、東京ではテアトル・タイムズスクエア(新宿高島屋12F)で観ることが出来るらしい。(上映は2月頃?)

■あらすじ
若い登山家2人は、アンデスの難関シウラ・グランデ峰の西壁を見事制覇したが、下山途中、高度6400mで遭難してしまった。一人は滑落し片足を骨折、氷の絶壁で宙づりになってしまう。2人をつなぐ1本のザイル・・遙か下方にはクレパスが大きく口を開ける。生か死か・・

真実の物語、奇跡の生還を見届けたい。


2004年4月17日 (土)

映画ドラムライン

未体験のビート、脅威のマーチング・バトル!

【ストーリー】
マーチング・ドラマーとして天才的な才能を持ち、名門大学にスカウトされたデヴォンは、自己中心的な性格で監督、先輩達と衝突を繰り返す。ライバル校との決戦を控え、彼はチームを勝利に導くことが出来るのか?そして仲間や恋人との日々の中で真にすぐれたドラマーとなることが出来るのか?

【ドラムラインとは】
全米中の大学から勝ち上がったマーチング・バンドが大熱狂のスタジアムで、優勝とチームのプライドをかけ最高のパフォーマンスを競い合う究極のマーチング・バトル!!
--------------------パンフレットより抜粋

恵比寿で飲み過ぎて痛い頭をだましだまし、シネクイント@渋谷でドラムラインを見てきた。
大々的に上映してないし、日本ではあまりなじみのないマーチング、しかもドラムの話なので客なんていないと思っていた。が!!なんと8階から2階まで階段に人が列をなして上映を待っていた!すでにこの時点で、なにやらスゴイ予感が・・
若い頃、ドラムを叩いていたので、ドラムのパフォーマンスでも見ようかな・・などと軽い気持ちで見に来たけど、予想以上の迫力!マーチングの躍動感、臨場感が表れていてマーチング・シーンでは思わず体が動いてリズムを取っていた。競演が終わったときなど、つい拍手をしそうになったほどだ。
まったく期待してなかったストーリーも単純だけど引き込まれた。
これは、思わぬ拾いモノをした気分w

この映画を見てドラムを始めようと思った人が、絶対5人はいるな・・(笑)

*それにしても、外国映画は主人公が女性を口説くのがうまい!見習いたいな。

2004年4月 3日 (土)

ジャズカフェ「ミスティー」@西所沢

今日はライブの日
ベーシスト大西さんの追っかけやってます。(笑)
040403_1933.jpg

2004年3月20日 (土)

映画『宣戦布告』&『13DAYS』

tape13s.jpg
今日は社会派映画を2本、レンタルビデオで観た。
どちらも国家の危機に直面した時、いろんな環境下で苦渋の決断を迫られる元首の姿を映している。

『宣戦布告』
これは原作を読んだことがある。当時は作り話として読んだが、工作船と海保の銃撃戦以来、あり得ない話とは言えない時代になった。映画の中ではバタバタと警官や自衛官が死んでいくが、現実もきっとそうなるだろう。・・今のままでは・・では、何をしなきゃいけないんだろう?! そろそろ日本も国としてしっかりとしたポリシーを持つ時期に来たんだろうな。そんなことを考えさせられた。

『13DAYS』
キューバ危機の話 俺が生まれた年の話かな?w 実際に危機の際は第三次世界大戦へ一触即発だったという。
相手を信じるか?!最後までギリギリの選択を迫られる大統領・・普通の神経の人には務まらないな・・

どちらの映画も、非常事態下でのリーダーの姿を映しているが、『宣戦布告』の方が「きっとこうなるだろう」と問題提起風の仕上がりで、『13DAYS』は大統領とその側近の人間性も表しており(こちらは現実の事件を元にしている。)、似たような題材ではあるけど、同じ土俵で観るものじゃないな。
2本とも最後まで飽きずに観ることの出来る映画だった。

2004年3月19日 (金)

ラブサイケデリコ

BGM♪
英語のような日本語
だらっとしてるようでしっかりモノ
(会ったことないけど)
不安定なようで落ち着いてる
そこが魅力かも

最近、矢井田瞳にもはまってる。
何でもアリだな、こりゃ・・w

キングクリムゾン

今日のBGMはこれ
相変わらず曲が難しい!
我ながらマニアックだ(笑)


より以前の記事一覧

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ