◆予 定◆

  • ◆ハンドボール
    ○10月 府中練習会
  • ▲山行予定
    △週1回ジムPump-1,AKB-Pump
    △9月15日 沢:ニシゼン
    -----------------------

■過去の山行記録

最近のトラックバック

« 【岩】城山(5.26/27) | トップページ

2012年6月10日 (日)

【沢】鬼石沢@西丹沢

昨日は、会のメンバーN君と雨の中、沢登り。
最近、妙に仕事が慌ただしく、日曜はゆっくりしたいと思い、天気が悪いのを承知で計画

別パーティーとして友人カップル1組も前後して歩いた。

◇アプローチ◇
01s大滝橋から林道に入り、大きく右に曲がるところから始まる登山道入口まで車で入れた。
登山道は、稜線まで続く東海自然歩道であり、よく整備されている。
登山道入口で10数名のパーティーが沢姿でおり、渋滞を心配したが彼らは鬼石沢手前のマスキ嵐沢を登るようだ。

鬼石沢登りの起点、一軒家避難小屋には1時間かからずに到着

◇◇鬼石沢◇◇
小屋裏、堰堤を越えてから入渓
F1はアプローチの段階で巻いているので、F2からスタート
F2(10m)水流右フリー、すぐに現れるF3(20m)は、ノーロープで行けそうだが、あまり岩経験のないN君がいるためロープを出す。水流左を登る。

石積堰堤越えの後、二股を右(ガイド本等にはこの二股は出てこない。)
川床が低くコンパス的にも右を選んだ。

間違えたかな?と思った頃にF4(7m)水流右フリー
左カーブを曲がると特徴的なF5(6m)が現れる。
左の水流は、ボルダーチックに登れる。右の大岩の空洞も登れる。(フリー)

F6(5m)は気づかず。

大きな岩が乗った堰堤を越え、F7(5m)を探すが、二股が出てきた。
これもガイド本等にはない。
右俣の階段状がF7と当たりを付け進むと、奧の二股

右股を進むと小さな滝、古い堰堤に続き5mCS
5mCSは両手でガバを掴み身体を持ち上げ、右足を上げ岩角にフックすると簡単(フリー)
誰が登ってもムーブが同じになるのが可笑しかった。
岩登りをやっていない人は「お助け」が必要になりそう。
(ガイド本にあるハシゴはなかった。)

さらに進むと三股になる。
左を選び、5mCSを直登(フリー)すると、上に稜線らしいシルエットが見える。
ほんと?! やたらと近い。w

あっさり稜線に出て、右に進み畦ヶ丸避難小屋を経由して畦ヶ丸(1293m)山頂

長々と書いたが、沢そのものはゆっくり歩いて2時間ちょいの行程だ。
04sf211f4_0316fs5_02


◇◇◇下山◇◇◇
下山は、東海自然歩道を使い、一軒家避難小屋経由、元の場所へ。

小屋を過ぎて、時間が早いのでF1の落ち口を見に行く。
F1(50m)は、雨棚と呼ばれているらしい。
道を外れ沢へ入る。

落ち口手前から、数mの段々を水が勢いよく流れ、左カーブしながら落ちていく。
雨棚の全容はわからなかった。
登り返して登山道に戻るまでに、小さな滝2つを腰まで浸かりながら突破する体験をしてみる。
こういう事は、天気がよい時にやりたい。w

車に戻るまで、すべり台を見つけては滑って遊ぶ。
これも天気がよい時にやるべし!ww
----------------------------------------
感想
アプローチも楽で、取り付きやすい。沢もソコソコきれいで滝も程良く出てくる。
良い沢ではあるが、「おぉぉぉ~!」というような感動する場面はないかも。
藪こぎもないので、初心者を連れて行くにはちょうど良い。

鬼石沢(大滝沢本流)下部には、マスキ嵐沢や沖箱根沢も出合っており、繋げてみても面白そう。

参考:大滝橋まで新松田よりバス1時間
-----------------------------------------
お疲れさまでした!
※帰りは中川温泉「ぶなの湯」(700円)で日帰り入浴

14s_0217s20sf1_02

« 【岩】城山(5.26/27) | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5604/54925879

この記事へのトラックバック一覧です: 【沢】鬼石沢@西丹沢:

« 【岩】城山(5.26/27) | トップページ

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ