◆予 定◆

  • ◆ハンドボール
    ○10月 府中練習会
  • ▲山行予定
    △週1回ジムPump-1,AKB-Pump
    △9月15日 沢:ニシゼン
    -----------------------

■過去の山行記録

最近のトラックバック

« タランボ | トップページ | 鶴見縦走【逆ルート】 »

2006年5月 2日 (火)

鶴見岳縦走路@別府

別府の背後(西)を取り囲むように鶴見岳から稜線が伸びている。「地図

山は、海(海抜0m)から直線距離6kmで標高1400mまで立ち上がる。この地理を利用して「一気登山」なる大会も催されるようになった。

Turumi001子供の頃から毎日のように見ていた鶴見岳からのスカイライン
最近になって縦走路があることを知った。
今日は、その稜線を歩いてみた。

天気は・・ガス&雨
車で鶴見岳ロープウェイ駅(下:520m)まで送ってもらい、一気登山ルートを鶴見岳(1374m)へ。
あとは、北へ延びる稜線をひたすら歩く。
稜線は細く狭いところは1mくらいしかない。縦走路は明瞭で要所には小さいが表示もある。展望があれば、高度感のある面白い稜線だろう。

Turumi002意外と花もあり、小さな白、黄色、紫の花も目立つ。
ツツジもシーズンらしく、登山道の両脇を埋め尽くす場所もあった。

山の終点は伽藍岳(ガランダケ:1045m) 鶴見岳と伽藍岳は火山学的に同一火山と見なされているようだ。今でも伽藍岳の手前には火口のようなものがり、地中から熱気がボコボコ上がってくる。

伽藍岳からすこし戻って、明礬(ミョウバン)温泉に下る沢をたどる。里に近くなり、露天風呂にひょっこり出くわすと、今回の稜線歩きの本当の終了点となる。

Turumi003左から右へ縦走
次回は自宅から出発して自宅に自力で戻ってみたい。

今回は体調がすぐれず、鶴見岳の登りでは緊急キジ撃ち!
ガスと雨で、体は冷え冷えとなり、足下は火山性の黒土でドロドロ!
我慢な1日でした。

視界がきけばかなり面白い稜線歩きとなるでしょう。
別府でも、あまり知られていない縦走路でした。

08:40ロープウェイ下駅発~10:05鶴見岳山頂着
10:10鶴見岳山頂発~11:05内山着~11:50伽藍岳着
伽藍岳手前から明礬温泉への下降口を探すため、しばしウロウロ・・12:50明礬温泉着


« タランボ | トップページ | 鶴見縦走【逆ルート】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5604/9867804

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見岳縦走路@別府:

» 別府 ロープウェイで鶴見岳 [Helon's Enjoy Life]
 別府ロープウェイで鶴見岳に登ってきました。鶴見岳は、別府市西方にそびえる標高1375mの休火山で、鶴見岳の山頂からは国東半島や九重山、晴れた日には四国まで見ることができます。春はミヤマキリシマ、冬は霧氷が特に美しいそうです。別府高原駅から山頂までは15分おきに...... [続きを読む]

« タランボ | トップページ | 鶴見縦走【逆ルート】 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ