◆予 定◆

  • ◆ハンドボール
    ○10月 府中練習会
  • ▲山行予定
    △週1回ジムPump-1,AKB-Pump
    △9月15日 沢:ニシゼン
    -----------------------

■過去の山行記録

最近のトラックバック

« 【感想】運命を分けたザイル | トップページ | クロカンスキー@スノーハープ »

2005年2月20日 (日)

唐松岳登頂(山スキー)

先週、爆風に唐松岳登頂を阻まれたので再挑戦してきました。
景色は・・真っ白・・トホホ
が、何とか登頂出来ました。

08:20 リフト終点(八方池山荘):標高1800m:からスタート
09:20 標高2150m尾根を直角に右に曲がるところ。(休憩)
11:00 丸山ケルン:標高2430m(休憩)
11:50 主稜線
12:15 唐松岳頂上:標高2695m
14:50 スタート地点(八方池山荘):食事(カレー)
16:00 駐車場

朝、外を見ると真っ白・・おぃおぃ、ここは所沢だぞ!
天気予報も良くないが、山の天気は行ってみないことにはわからない。とりあえず車をだす。
長野インターから白馬に向かうが、ずっと雪がぱらつき気温が高い。八方尾根スキー場の駐車場に車を置き準備している時は、雨に近いような雪だ。今回も展望は諦めるしかなさそうだ。

リフト終点まで上がるが、やはり真っ白!でも先週より風が弱い。
今回は日帰り装備で、ルートも先週見ているので気持ちも荷物も軽い。
先週と違って、雪がクラスト気味でシールが効きにくい。もうツボ足でもいいシーズンになったのかもしれない。
真っ白な中をズンズン登る。1時間で右に曲がるトコまで来てしまった。さらに進むと11時に丸山ケルンに着いた。12時までに主稜線に出なければ、そこで引き返す予定だったが、これなら行けそうだ。
見覚えのある尾根を進むと岩場になり、主稜線に届いた。風がぐっと強くなるが、先週のソレより明らかに弱い。
唐松岳登頂高いところを目指してアイゼン歩行を繰り返し、ほどなくこれ以上高いところはなくなって唐松岳山頂に着いた。
な~んにも見えず、登頂の喜びもそこそこに写真を撮ってすぐに引き上げる。

岩場下にデポしたスキーを回収し、スキー場を目指す。
あとひとくだりでスキー場というところで、お腹が空きすぎて気持ちが悪くなった。(笑)
リフト終点にある八方池山荘に入り、カレーを食べてからスキー場を下降した。上部は先週同様ガスで視界が悪いが、後半は雪面が見えるようになった。先週の失敗を繰り返さないように慎重に斜面を選びスキーゲレンデ末端到着

お疲れ様でした。


« 【感想】運命を分けたザイル | トップページ | クロカンスキー@スノーハープ »

コメント

Poohとうさんへ
先週より明らかに雪が締まってました。
新しい積雪がなければ、歩きやすくなって楽に日帰りが出来るようになると感じました。3月になれば大丈夫でしょう。再挑戦での登頂、楽しみですね!(今回、一部の斜面で固いバーンの上に雪が乗っかって、踏むと数メートル単位で雪がずれるところがありました。完全に固まる前は気をつけた方がいいですよ。)

>しっぷろっくさん、

お疲れ様でした。唐松岳登頂羨ましいです。
そろそろ、雪も締まってきてました?
多分、しっぷろっくさんは、私なんかよりも遥かに体力あると思いますが、それでもほぼ1日がかりですね。やっぱり、私は八方池山荘前泊して、朝早く出発しないと、山頂往復は難しいなぁ。
是非、3月にリベンジしてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5604/3008766

この記事へのトラックバック一覧です: 唐松岳登頂(山スキー):

« 【感想】運命を分けたザイル | トップページ | クロカンスキー@スノーハープ »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ