◆予 定◆

  • ◆ハンドボール
    ○10月 府中練習会
  • ▲山行予定
    △週1回ジムPump-1,AKB-Pump
    △9月15日 沢:ニシゼン
    -----------------------

■過去の山行記録

最近のトラックバック

« 完敗・・キャノンA-1 | トップページ | 八ヶ岳その3 »

2004年12月13日 (月)

八ヶ岳その2

昼前に阿弥陀岳に登ってしまったので、明日の予定だった赤岳にも登ることにした。
左下から右斜め上に向かって伸びるのは、文三郎尾根(文三郎尾根から続く岩稜は南峰リッジ)、その左には、主稜線(終了点が山頂という好ルート)、ショルダー各リッジなど岩稜登りの入門ルートが並ぶ。

赤岳

※初めての雪山、初めてのバリエーションルートは赤岳西壁主稜だった。今から10年以上前の話になる。
今、思えばこの登りを体験してから、どんどんはまっていった気がする。

阿弥陀岳から中岳を越えて、文三郎尾根に合流
すぐに岩稜帯になり、鎖に導かれて登るとヒョッコリ赤岳の頂上に出る。いつ来ても高度感がある山頂だ。
お約束の富士山がきれいに見えていた。

写真を何枚か撮り下山にかかる。
下りは地蔵尾根にすることにした。行者小屋の真裏に降りてくる道だ。

凍っているといやらしい地蔵尾根上部も、今日はただのハイキング道
14時には行者小屋に戻る。

夕方までテントでゴロゴロ・・横岳も縦走すればよかったかなと後悔する。
そろそろ夕食の準備(レトルトカレー)でもと思い、外に出るとちょうど夕日が横岳西壁に当たってオレンジ色になっていた。他のパーティーも見とれていたので、一緒に見とれる。
横岳西壁
夕食後は、梅酒を飲みながらダラダラダラダラ....9時には寝袋に入る。

11時半、目が覚めたのでテントから顔を出して空を眺める。
流星が流れる・・不思議な気分になりながら、しばらくひたる。

明日は赤岳鉱泉付近の滝の氷りでも見学して下山するか・・軟弱モードになる。
10個以上流れ星を見ることが出来たので、そろそろ寝ることにする。

« 完敗・・キャノンA-1 | トップページ | 八ヶ岳その3 »

コメント

すっかり冬眠し始めちゃっている私のHPにコメントしていただきありがとうございます。
んー、山に関しては、今はあんまり書くことがないんですよ。病院で働いているのですが、そこの窓から見る赤城山と榛名山、またその周辺の山を眺めるのが、今は精一杯です。
雪山もすばらしいのでしょうね。週末は連休で休みが取れない私はサークルにも入れないし、なかなか人とも合わせられないので、今は現実的に無理かなと思います。仕事や事情が変われば、また考えます。
本当はサークルみたいなのに入れば、レベルアップもできると思うんですけどね... 社会って厳しいって感じました。学生のときはよかったな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5604/2259059

この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳その2:

« 完敗・・キャノンA-1 | トップページ | 八ヶ岳その3 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ