◆予 定◆

  • ◆ハンドボール
    ○10月 府中練習会
  • ▲山行予定
    △週1回ジムPump-1,AKB-Pump
    △9月15日 沢:ニシゼン
    -----------------------

■過去の山行記録

最近のトラックバック

« 雲取山で思ったこと | トップページ | ごちそう »

2004年11月13日 (土)

両神山

今日も雪山に備えて、歩きトレ

奥秩父の異端児(ぽつんと離れているため。)と言われている、両神山へ
一応、日本100名山らしい。(先週の雲取山もそうだ。)

日窒鉱山の先、落合橋から登山禁止?の尾根を登り、稜線に出て両神山、東岳、西岳、八丁峠を経て元の場所に戻るコースを歩いた。
【時間】計3時間
07:40「スタート」~08:40「両神山山頂」~09:40「西岳」~10:40「元の場所」

両神山・山頂落合橋からの登山道は、立ち入り禁止のロープが張ってあるが、ちとおじゃまして登りはじめた。
木の根っこが階段状になっている急な坂を20分も登ると尾根上になる。小さなアップダウンを繰り返し、大きな尾根が近くなると一気に高度をかせいでヒョッコリ尾根に出る。(ここにも入り込まないようにロープが張ってある。山仕事用の道であり、整備されていないので立ち入り禁止にしているらしい。道はしっかりしていた。)
山頂まで200mの案内に走り出したが、アッと言う間に山頂へ!
誰もいませんでした。
山頂から富士山今朝起きると風が強く、途中のダム湖にはガスがかり晴天を予想したが、本当にすっきりと晴れてくれた。遠くに富士山が見える。先週登った雲取山も近いはずだが、どれだかわからなかった・・方向を変えると、浅間山などが見えた。地図を広げて、のんびり山を探すなんてのも楽しそうだが、今日はひたすら歩くために来てるので、座ることもせず写真だけ撮って先へ進む。
いきなり道を間違えて、絶壁に出てしまった。中途半端に岩登りが出来るので、岩場が出てきても進んでしまう悪い習性が出てしまった。よく見たらちゃんと登山道があった。(^_^;
東岳、西岳方面稜線に出ると小さなギャップが次々と出てくる。かなり急なところもあり鎖が設置されている。尾根も狭いところがあり、高いところが苦手な人は嫌なコースだろう。
これから進むだろう尾根を見ても、岩峰っぽくアップダウンの激しさがうかがえる。
東岳まで30分、ここからさらに鎖場が増える。垂壁に近いところもあり、岩登りの経験がない人は時間がかかるかもしれない。稜線に出るとハイカーとすれ違うことが何度かあった。私のコースを逆回りするのが一般的なのかな?

岩場がなくなると八丁峠に出る。
休憩している人が数人いて、のんびりした時間が流れていた。

ここから左に折れて、車を置いた落合橋に一気に下る。
ここはゆるい斜面で落ち葉がふかふかして気持ちいい!小走りで駆け下りるがさわやかな気分にひたれる。が、またまた鼻水ダラダラ症が出始め、トイレットペーパーを片手に下ることになった・・気分ぶちこわし・・
20分もしないうちに車が見え始め、起点に戻ってきた。

往路は中津川から来たので、帰りは北上して299号線を秩父~所沢に向かうことにした。林道を下るとまだまだ紅葉が見頃で、一人寂しいドライブながら楽しみながら運転することが出来た。

さて、今月末にはプラブーツを出して雪の上を歩こうかな。
お疲れ様でした。


« 雲取山で思ったこと | トップページ | ごちそう »

コメント

おひさしぶりです。
両神山で事故ですが、やはり人気の山のわりにクサリ場と岩がおおいからですからねー。 事故には気をつけて楽しんでほしいですね。

デジカメの入門の件ですが、お勧めはこの本です。

この週末、両神山の頂上付近で滑落と思われる事故があり、お年寄りが亡くなりました。両神山に登られる方は、無理をせずに足場をしっかりと確認して歩きましょう。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。

通りすがりのものです。 23日に両神さんへ登ってきました。
13日もいい天気だったのですね。 ではでは。

私のブログもコメント頂いてありがとうございます。
日記程度にしか使ってなかったのでうれしかったです。
さて、両神山、ハードな方から登られていますね。
自分は23日に行く予定にしていますが、一般的な方にしようかと思っています(まぁ自分のレベルもあるので)
13日は、皇海山にいってきました。こちらも天気はよかったです。

うわぁ、いいなぁ両神山。
お天気にも恵まれて、羨ましいですねぇ。
私、雪ふるまでに山いけそーにないです。_| ̄|○

両神もニ子山も、両方とも山容だけみるだけでもカッコイイ♪
奥武蔵のニ子山歩いてばててる私とは格が違うぞやっぱり。(笑)

schalkさんへ
二子山のこと、いろいろわかりました。
ありがとうございます!

奥秩父の二子山の岩場は、日本100岩場(ガイドブック)に載ってました。やはりクライミング・エリヤなんですね。交通の便が良いので、今度行ってみます!

schalkです。
私のブログのほうにコメントをいただきありがとうございました。
埼玉県秩父地方にに主な二子山は2つありまして、私が先日、武川岳と一緒に行ったのは、奥武蔵にある二子山で、両神山の隣にある二子山とは違うほうです。両方を区別するために、奥武蔵の二子山を「横瀬二子山」と言っています。
奥秩父にある二子山が両神山の隣にあるほうです。私のトップページのプロフィールの上に小さな写真があると思いますが、そちらが岩だらけの二子山です。
二子山の稜線上に岩だらけの道があります。1度いくとはまります!!岩場が好きだときっと気に入ると思いますよ。ローソク岩など有名なクライミングのゲレンデもあるので、そちらもいいかと思います。
降りてきてから、振り返って二子山を見ると山がすごい迫力で迫ってきて圧倒されます。あんな山を歩いたのか・・・、って。
行かれたときには、写真とか、感想とかアップしてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5604/1950090

この記事へのトラックバック一覧です: 両神山:

« 雲取山で思ったこと | トップページ | ごちそう »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ