◆予 定◆

  • ◆ハンドボール
    ○10月 府中練習会
  • ▲山行予定
    △週1回ジムPump-1,AKB-Pump
    △9月15日 沢:ニシゼン
    -----------------------

■過去の山行記録

最近のトラックバック

« ボルダリングジム@東村山 | トップページ | 物見山・日和田山ランニング登山 »

2004年6月13日 (日)

沢登り(大谷沢)@裏丹沢

沢登り/裏丹沢/大谷沢<サマリー>

久しぶりの沢登り!
腰の様子を見ながらのんびりと昭和山岳会の仲間Y氏と登る。
天気は曇り時々小雨・・良くないけど、どうせ沢で濡れるので気にしない。

大谷沢は、大室山に突き上げる沢で初級者向けとされている。
 8時 :神ノ川ヒュッテ出発
10時 :最後の大きな滝F8上
11時半:大室山山頂
12時半:神ノ川ヒュッテ着(下山)

otanlog1.jpg
沢の下部は滝が連続して現れ面白い。

大きな滝はF1~F8
ロープはF4を通過する際、用心のため1度使用
滝は基本的に順層の岩で階段状か、つかむところがある。


otanlog2.jpgF8の上部も階段状の大小の滝がある。
沢は比較的素直に延びており、迷うことは少ない。
沢の最後は泥斜面をズルズルと登り、登山道に出る。
大室山へは登山道を約10分
下山は、日陰沢新道を使用、神ノ川ヒュッテまで120分との表示があったが、60分で降りた。
初級者向けの沢とガイドブックには紹介されているが、慣れていないと難しく感じる部分があるかも。

短いが滝が連続しており面白い沢だった。
詳しい山行記録は、こちらからどうぞ。

追記
昔、ここに美しい娘を連れた武将が隠れ住んでいた。その娘が誤って「ぞうり」を沢に流してしまい、下流で拾われ武将共々追っ手に捕まってしまった。以来、ここは長者舎(ちょうじゃごや)と呼ばれるようになったそうな。
今日、しっぷは途中で軍手を流してしまった。さて、後世の人達はここを何と呼ぶのでしょう?はい、ゴミを流してしまっただけですね・・すみません・・(笑)

« ボルダリングジム@東村山 | トップページ | 物見山・日和田山ランニング登山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5604/762348

この記事へのトラックバック一覧です: 沢登り(大谷沢)@裏丹沢:

« ボルダリングジム@東村山 | トップページ | 物見山・日和田山ランニング登山 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ