◆予 定◆

  • ◆ハンドボール
    ○10月 府中練習会
  • ▲山行予定
    △週1回ジムPump-1,AKB-Pump
    △9月15日 沢:ニシゼン
    -----------------------

■過去の山行記録

最近のトラックバック

« 死にたい・・どこ? | トップページ | Hueco Tanks(USA) »

2004年5月 7日 (金)

南八甲田スキーツアー(過去)

アクセス数も1万を越え、何か記念事業をと考えた。(笑)

で、これまで登った山をランダムに紹介することにした。

まず最初は、南八甲田山のスキー
八甲田は、大きく分けて八甲田大岳を主峰とする北八甲田と、櫛が峰を主峰とする南八甲田のエリアに分かれる。八甲田山という山はなく、すべての総称が『八甲田山』なのだ。
昔、陸軍の部隊が大量遭難(映画、八甲田山はこの事故を題材にしている。)して「死の山」のイメージがあるが、現在はロープウェーとリフトを備えたスキー場もあり一般人もゲレンデスキーが楽しめる。また、スキー場の先にある酸ヶ湯温泉(千人風呂が有名)までは冬期間も除雪されており1年を通して山麓には人が入っている。

がぁ~!何と言っても、八甲田の楽しみは、脱ゲレンデ、春スキーだろう。
GWの頃になると八甲田を循環する道路の雪も除雪されバスが循環運転を始める。この頃には雪も締まり、天候も比較的安定していよいよ春スキーシーズンだ。

写真は1990年、まだ”しっぷ”は本格的な山登りを始めておらず、皮ベルトで靴を固定する古いテレマークスキーを履いてスキーハイキングを楽しんでいた。土鍋を背負って鳥鍋をやったり・・遊びの要素が強かった。

aomori01.jpg
パスカングという走法で南八甲田の斜面を滑る。
北八甲田と違い、南八甲田は比較的斜面がなだらかで、滑り止めの鱗がついたクロスカントリースキーでもツアーが出来た。




aomori02.jpg後ろは八甲田大岳
以降、何度も八甲田で山スキーを楽しんだ。大岳・小岳・硫黄岳・井戸岳・赤倉岳・前岳・猿倉岳・駒ヶ峰・櫛ケ峰・・・ほとんどの山に登ってるはずだ。一番最近は、2年前になるだろうか・・青森出張の際、知人宅にスキーを送りつけ車まで借りて乗り込んだ。

写真が小さいので判らないと思うが、”しっぷ”が若い!(笑)
今から14年も前の姿だもんなぁ・・今じゃ腰痛でリハビリの柔軟体操の毎日・・トホホ

« 死にたい・・どこ? | トップページ | Hueco Tanks(USA) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5604/554976

この記事へのトラックバック一覧です: 南八甲田スキーツアー(過去):

« 死にたい・・どこ? | トップページ | Hueco Tanks(USA) »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ